副業をサポートするポータルサイト

副業をお探しのすべての方々に有益な情報を提供してまいります。労働環境の実情などを交え、随時更新していく予定です。どうぞお楽しみに!!


PC・ネット・事務系
> テレマーケティング

テレマーケティング

収入時給900〜1,500円
労働時間3〜8時間
タイプ固定型

臨機応変な会話力が求められる業務

●仕事内容
テレマーケティングには電話で顧客に商品をセールスするテレホンアポインターと、電話でかかってくる問い合わせに対応するテレホンオペレーターの2種類があります。アルバイト情報誌には常に募集広告が載っている副業です。

テレホンアポインターはいきなり見知らぬ人にセールスの電話をします。そのため言葉や礼儀は徹底され、電話越しでも笑顔をつくる練習をする会社もあるくらいです。
しかし、一方的に電話を切られたり、相手に怒鳴られることもあれば、延々と説教されたりします。仮にアポイントメントが取れても社員に引き継ぐことが多く、達成感を味わえるとは言えません。ただ、慣れると感覚が麻揮してくるようで、「いつの間にか打たれ強くなった」という体験談も聞きます。

一方、テレオペレーターはコールセンタースタッフや電話案内業務とも呼ばれ、顧客からの問い合わせに対して商品の説明や予約、販売、クレーム処理を行います。
テレホンアポインターとは違い、パソコンを操作しながらの電話応対になります。たとえば、インターネットサービスプ口バイダーのテレオペレーターは、サービスの申込みからインターネットの接続方法までをパソコンの画面を見ながらサポートします。
他にも通販商品の電話受付、チケットの予約販売、金融機関のお客様窓口、旅行会社のクレーム対応、カード会社のコールセンターと、テレオペレーターの需要は高いです。
しかし、テレホンアポインターが時給1200〜1500円なのと比べ、テレオペレーターは時給900〜1200円とかなり低くなります。それでも、仕事の内容によってはレベルの高い専門知識が必要になり、その分時給が上がることもあります。

テレマーケティングは臨機応変な会話力が必要ですが、話す内容や応対方法はマニュアル化されています。事前に商品やサービスについては研修も受けますし、わからない内容は社員に転送できる設定になっています。アルバイトにはノルマもないのでプレッシャーもかからないのです。
また、テレマーケティングはほとんど女性が占める職場ですが、パソコン関連では男性も募集しているととも多いです。

勤務時聞は18〜21時くらいの短時間労働と休日を1日使う8時間の長時労働がありますが、このような精神的な負担を強いられる副業では、長時間まとめて業務をこなしたほうが、収入が労働に見合っているように感じます。

サイトからのお知らせ

現在お知らせはありません

オススメ記事

ノーリスクで高額報酬に期待できます…続きは こちら

オススメサイト