副業をサポートするポータルサイト

副業をお探しのすべての方々に有益な情報を提供してまいります。労働環境の実情などを交え、随時更新していく予定です。どうぞお楽しみに!!


フード系
> 飲食店スタッフ

飲食店スタッフ

収入時給800〜1,200円
労働時間4〜8時間
タイプ固定型

シフトに融通が利き、まかないが出る所もあり

●仕事内容
飲食店スタッフは学生時代のアルバイトで経験したことがある方も多いと思います。レストランチェーン、ファス卜フード、コーヒーショップ、居酒屋やバーなど、その種類は幅広いです。
また、同じ飲食を提供するアルバイトでもデリバリーサービス、漫画喫茶、メイドカフェ、ネコカフェ、カラオケボックスなどの変わり種もあります。

店ごとに客層も違いますので、店舗選びで時給、労働時間、仕事内容に差が出てきます。このような飲食店スタッフは学生の仕事といったイメージが強いですが、22時以降の深夜帯の営業、特にアルコールを中心に扱う店舗では会社員もよく働いています。

私が学生の頃24時間営業のレストランでアルバイトをしていたとき、早朝と金曜土曜の深夜は社会人の方が主役でした。本業が某デパートのマネージャーで出勤前の6〜9時の3時間だけですが、ウェイターとして月に6万円以上の副収入を得ています。
夜勤で働く20代〜40代の会社員の方はほとんど趣味に近く、接客業が好きで働いていました。また、キッチンでは近所の高級ステーキ屋のシェフが週3回働きに来ていたこともありました。

飲食店のスタッフは決して高収入ではないものの、勤務日数や時間の融通が利きやすく、一緒に働くメンバーも多いのでシフトが安定しています。都心ではかなり多くの求人をしており、会社員の副業としても働きやすいのです。時給は800〜900円が一般的ですが、夜勤と早朝は25%増しになるため、1000円を超えます。
アルコールを扱っている店舗では20〜翌5時まで働くこともでき、1日で1万円以上が支給されるのも珍しくありません。このように、飲食店スタッフは比較的続けやすい副業ですが、想定していなかった仕事をやることになり、すぐにやめていく人も多いです。

レストランチェーンですとレンジを多用することが多く、料理のセンスよりもいかに手際よくこなせるかが重視されます。夜勤のキッチンに応募しても、実際には調理よりも洗い場と清掃が中心だったりもします。

飲食店スタッフの中ではバーテンの待遇が良いのですが、酔っ払ったお客を相手にすることもしばしばで、向き不向きがあるでしょう。ただ、飲食店はまかないが出ることが多く、食事代が浮くのは助かります。若いスタッフと一緒に働けるのが嬉しいという方もいますし、何より仕事内容に満足している方も多く、飲食店スタッフは収入以外の楽しみがあります。

サイトからのお知らせ

現在お知らせはありません

オススメ記事

ノーリスクで高額報酬に期待できます…続きは こちら

オススメサイト