副業をサポートするポータルサイト

副業をお探しのすべての方々に有益な情報を提供してまいります。労働環境の実情などを交え、随時更新していく予定です。どうぞお楽しみに!!


その他
> テープ起こし

テープ起こし

収入1時間あたり8,000円〜
労働時間1時間〜
タイプ短期

リアルタイムでの情報に敏感になる事が重要です

●仕事内容
テープ起こしは収録された音声を聴きながら、その音声のとおりに文章を打ち込んでいく仕事です。新聞や雑誌の原稿の元になるものは、主に在宅ワークのテープリライターが請け負っています。
報酬は時給ではなく出来高制ですので、個人の能力次第では本業よりも稼ぐことが可能です。

録音された音声はマスコミの取材やインタビューが多く、企業のシンポジウムや公共団体の講演会などの依頼も来ます。
基本的にはlCレコーダーに録音されているので、インターネット経由でのファイルの受け渡しが可能です。カセットテープがそのまま郵送で送られてくるとともあります。

音声は1時間あたり8000円前後が一般的です。ただし、初心者は在宅ワークを仲介する会社の下請けとして仕事をしますので、もう少し単価が下がるでしょう。実績を積むことで出版社や広告代理店から直接受注することもできます。

1時間あたりの音声をすべて文章にするにはベテランでも5時間はかかります。はじめたばかりの人では3日も4日もかかるので、最初のうちは稼ぐことを期待しないほうがいいでしょう。

テープ起こしには月々のノルマはありませんが、期限にはシビアな仕事です。
複数の案件を依頼されても、本業に影響が出ない程度に引き受けましょう。
また、テープ起こしにも種類があり、一言一句すべて聞こえたとおりに書き起こす素起こし、不要語やどもり声を排除したケバ取り、話し言葉をですます調の書き言葉に整える整文、概要や箇条書きに分けるサマリーなどがあります。
仕事ではブラインドタッチが基本ですが、それ以上に日本語の聞き取り能力が求められます。
「ざいじようをきゅうめい」という音声に対して、「罪状を・・・究明、糾明?」と迷っていると、余計な時聞を費やしてしまいます。
議会や答弁ではわざと難しい単語を使う傾向がありますので、国語力に自信があると安心です。また、専門性、が高いテーマで知らない言葉が出てきても、素早く調査して文章にできる対応力も必要です。

テープ起こしは長時間でもパソコンの前に座っていられる人、一生懸命に考えるととが面倒ではない人、自宅にいる時間が長い人が適しています。
逆に、期限や機密を守れない人、テープ起こしに対して情熱を持って取り組めない人は遠慮したほうがよさそうです。
こちらは小遣い稼ぎの感覚でも、クライアントにとってはビジネスなのです。

サイトからのお知らせ

現在お知らせはありません

オススメ記事

ノーリスクで高額報酬に期待できます…続きは こちら

オススメサイト