副業をサポートするポータルサイト

副業をお探しのすべての方々に有益な情報を提供してまいります。労働環境の実情などを交え、随時更新していく予定です。どうぞお楽しみに!!


その他
> 情報商材

情報商材

収入1冊あたり3,000〜50,000円
労働時間1日〜
タイプ成果報酬型

ビジネスで食べていくなら人には迷惑をかけないのがルール

●仕事内容
情報商材とはネット上で販売している個人の出版物のことで、1冊数万円で売買されています。
情報商材には書店では売られていないような特別なノウハウが書かれています。もしあなたしか知らないような情報を持っているなら、その情報を文字に起こして、すぐに販売することができます。

「学生時代はモテなかったけど、社会人になって何人も彼女ができた」「釣りが趣味で大量に魚が釣れるポイントを知っている」「月収却万円でも1年間で100万円貯金できた」といった具合です。ただし、現在も情報商材は盛んに売買されていますが、実はあまり価値のない商品が多く出回っている状態です。玉石混清というよりも玉の割合はわずかです。
書店などで売られている書籍とは違い、情報商材は情報そのものがブラックボックスになっているため、どんな情報が書かれているかは実際に手にするまでわかりません。
たとえば「医者も知らない!1日30分でガンになる確率を85%まで防ぐ方法を知りたくないですか?」というキャッチコピーで客を釣り、内容をバラさない程度にこの情報商材のメリットをアピール、タイトルは「ノーベル賞推薦!ガン克服の最先端技術」と銘打ち、「あと5 日で販売終了」「先着お名様限定」「今だけ9800円」といったあおりを追加、最後には偽物の体験談が並びます。

「こんな胡散くさいの誰も買わないよ・・・」と思うかもしれません。しかし、実際にガンになり窮地に追い込まれたとき、人は助けを乞い、仏像でも壷でも買ってしまいます。
振り込め詐欺が典型的な例です。情報商材ではこのような詐欺に匹敵するものもあり、問題になっているのです。さらに情報商材では景品表示法に違反しているものも多く見られます。

「期間限定」でも延長し、「先着O名」でも再販し、「値引中」でも通常価格が存在しません。「体験談」さえつくりもので、「私の写真が勝手に使われている!」との報告もあるくらいです。肝心の中身もそこらの書籍にある内容をコピーしただけだったりします。
ビジネスで食べていくなら、人には迷惑をかけないのがルールです。実際に役に立つ情報商材をつくり、感謝をされながら数千万円も売り上げた人は何人もいます。

サイトからのお知らせ

現在お知らせはありません

オススメ記事

ノーリスクで高額報酬に期待できます…続きは こちら

オススメサイト