副業をサポートするポータルサイト

副業をお探しのすべての方々に有益な情報を提供してまいります。労働環境の実情などを交え、随時更新していく予定です。どうぞお楽しみに!!


軽作業・配送系
> 運転代行

運転代行

収入売り上げの中から30〜40%
労働時間6〜9時間
タイプ成果報酬型

第二種運転免許があると待遇アップです

●仕事内容
運転代行は飲酒した人の自家用車を代わりに運転して、自宅まで送り届ける仕事です。19時〜翌4時頃まで繁華街を中心に呼ばれることが多く、中でも自家用車で移動することが多い地方都市で活躍できます。

仕事内容はドライバー2人が代行車に乗ってお客様のところに向かいます。そして、1人がお客様の自家用車を運転し、もう1人のドライバーが代行車でそのあとを追います。目的地に着いたら自家用車を停め、代行車で営業所に戻るという手順です。
力ーナビが付いていない自家用車の場合、お客様が酔っ払って道順がよく理解できないこともあります。その場合は力ーナビの付いた代行車が誘導することもあります。

お客様の自家用車を運転するには第二種運転免許が必要になります。普通自動車免許のみの取得ですと、代行車のドライバーとしての採用になります。お客様の自家用車は普段乗ることがないような高級車から軽自動車やトラックまで種類が豊富です。
慣れない車で慣れない道を運転しても、車体を傷つけないように車庫入れできる相応の運転技術が問われます。そうしたところで、第二種運転免許を持っていると待遇がアップするのです。

報酬は完全歩合制で売上の30〜40%が相場です。運転代行は初乗り3kmまでが2000〜3000円、1kmごと300〜400円と地域で差がありますが、お客様がひっきりなしで来ると、1日で3万円以上の売上になることもあります。
また、完全歩合制ではなく、時給制の会社、時給+歩合制の会社もあります。時給では第二種運転免許で1000〜1400円、普通自動車免許のみで800〜1200円が相場です。

運転代行の仕事は日中に働いている会社員が多く、夜通しの連続運転は大変です。お客様を案内しているときは集中できても、待機中でも寝ないように眠気対策をしなくてはなりません。
2人でパートナーを組んで働くので急に休むのは難しく、定時に本業を切り上げ、しっかり仮眠してから運転代行の仕事をするのが一般的です。
ちなみに、運転代行と似た副業にタクシー運転手がありますが、タクシー運転手は20〜40初代向けの副業ではなく、年金をもらっている60代に多い副業です。タクシー運転手は相当ハードなタイムスケジュールですので、本業と両立するのは厳しいでしょう。

サイトからのお知らせ

現在お知らせはありません

オススメ記事

ノーリスクで高額報酬に期待できます…続きは こちら

オススメサイト