副業をサポートするポータルサイト

副業をお探しのすべての方々に有益な情報を提供してまいります。労働環境の実情などを交え、随時更新していく予定です。どうぞお楽しみに!!


軽作業・配送系
> 引越しスタッフ

引越しスタッフ

収入時給800〜1,200円
労働時間3~12時間
タイプ短期

給料即払いの会社もあり金欠の時には助かります

●仕事内容
肉体労働系の副業で定番なのは引越しスタッフです。工事現場や建築現場のような力仕事ではなく、長時間の作業にも耐えられる体力勝負の仕事です。未経験者は作業後に足が棒になり、手にも力が入らず、翌日は筋肉痛間違いなし。

平日勤務のビジネスマンであれば、土曜だけの仕事にしておきたいところです。ただ、引越しスタッフの魅力は何と言っても時給の高さです。都心では時給1200円以上が一般的で、勤務時間は7〜16時と8時間以上に設定されていることも珍しくないため、1日で1万5000円を稼げるときもあります。
平均的な労働時間は引越し先2件で8時間くらいですが、3件をはしごして12時間連続で働いたり、1件だけで3時間のみの勤務だったり、その日で労働時聞に差があるのも特徴です。
即払いの会社もあるので、急にピンチになったビジネスマンのお財布にはありがたいです。

実際の現場では正社員を含めた235人のグループで作業します。大きい家具はベテランの正社員が運ぶため、1人で運べるダンボールをトラックに積み込む作業がメインです。
細々した日用品ならいいのですが、書籍類が固まっていると群を抜いて重くなります。また、小さな荷物や食器などを梱包して、ダンボールに詰め込む作業もあります。エレベーターがあるところならダンボールは台車に載せるだけですが、階段しかないマンションもすべての荷物を人力で運ぶため、仕事のしんどさがまったく異なってきます。

コツさえつかめれば一つひとつの作業はそこまでキツくないのですが、作業を何度も繰り返していくうちに後半にはヘ卜ヘ卜になります。下手にジムでトレーニングをするよりもよっぽど身体を鍛えられるので運動不足解消を理由に、意外にもデスクワーク中心のビジネスマンにも人気があるそうです。

また、実は移動時間も時給に換算されるために、実働時間は1〜2時間程度少なくなります。運転は正社員が行うため、その間は休憩時聞になります。
引越しスタッフをしている人には会社員、フリーター、大学生や高校生もいれば、マッチョな男性や未成年の女性もいますので、いろいろなタイプの人といつも新しい現場で新鮮な気持ちで働くことができます。
お客様から感謝の気持ちとしてチップやドリンクをもらえることもあり、それも引越しスタッフをする人が多い理由のひとつかもしれません。

サイトからのお知らせ

現在お知らせはありません

オススメ記事

ノーリスクで高額報酬に期待できます…続きは こちら

オススメサイト