副業をサポートするポータルサイト

副業をお探しのすべての方々に有益な情報を提供してまいります。労働環境の実情などを交え、随時更新していく予定です。どうぞお楽しみに!!


クリエイティブ系
> ウェブライター

ウェブライター

収入1記事あたり500〜2,000円
労働時間1〜3時間
タイプ成果報酬型

文章作成能力を発揮して収入を得る

●仕事内容
ウェブライターは企業や個人のサイトに掲載するための文章を執筆する仕事です。成果報酬ですので時間の融通が利きますし、メールのみで完結しますので余計な手間もかかません。ノー卜パソコン1台あれば、在宅でも通勤途中でも副業が可能です。

ライターと呼ぶと新聞や雑誌の執筆を思い浮かべますが、ウェブライターはウェブ専門の記事を作成します。依頼される記事のテーマは投資、保険、節約、貯金、力ードのよな金融関連、ダイエット、ニキビ、抜け毛予防、肩乙り、アレルギーのような健康関連、さらには就職から結婚まで、ウェブサイ卜の増加数に比例して需要も伸びています。

文章は500〜1000文字を1記事として、複数の記事を依頼されます。報酬は1文字あたり0.512 円が相場ですので、400字詰めの原稿用紙2枚分で400〜1600 円になります。仮に1時間で数ページを仕上げられるなら、アルバイトの平均時給よりも高くなります。

コンスタントに仕事をもらうのが難しいため、S0HOの求人サイトに登録したり、募集をかけているクライアントに直接コンタクトを取ったりして仕事を探しますが、なかなか見つかりません。理由は、案件に対してライターの数が多すぎるからです。
ウェブライターは一見誰にでもできそうな仕事ですが、実力重視の副業です。初心者丸出しのような文章やアピールでは一向に案件がもらえないか、低単価で案件を請け負う薄利多売のような仕事になってしまいます。
よく仕事をもらいたいウェブライターは「文学部卒業で経済に強いです」と知識があることを強調しがちですが、クライアントが知りたいのは一朝一夕では身につかない文才の有無です。
そのためには実際に書いた文章を送り、能力を判断してもらったほうがクライアントの目に留まります。ウェブライターにとって専門性はそこまで重要ではなく、どちらかというと難しいテーマに対しての調査スピードが速く、調べたことを自分の言葉にしてリライトできる能力が不可欠です。制作した記事で好評価が得られれば、同じクライアントがリピーターになってくれます。

最初はお小遣い稼ぎであっても、徐々に固定客をつかむことで収入が安定していきます。また、案件をこなせばこなすほど作業スピードも向上するため、次第に効率のいい副業だと実感することになるでしょう。

サイトからのお知らせ

現在お知らせはありません

オススメ記事

ノーリスクで高額報酬に期待できます…続きは こちら

オススメサイト