副業をサポートするポータルサイト

副業をお探しのすべての方々に有益な情報を提供してまいります。労働環境の実情などを交え、随時更新していく予定です。どうぞお楽しみに!!


クリエイティブ系
> ホームページ制作

ホームページ制作

収入1サイトあたり30,000円〜
労働時間8時間〜
タイプ成果報酬型

本業と両立ができてスキルアップに期待できる

●仕事内容
ホームページ制作は企業や店舗のウェブサイ卜を制作し、それらの更新作業を請け負う仕事です。本業でウェブサイ卜を制作している方が、好きな時聞に在宅でできるのが特徴です。
成果報酬ですのでコンスタントに案件をもらえれば技術次第では本業以上の収入を稼ぐことも可能です。本業と副業の相乗効果でスキルアップも期待できます。

ウェブサイトはHTMLを少し理解できる程度の知識で形にできます。本業でもHTMLを編集するだけの仕事もあるくらいです。
ただ、お金をいただいて仕事をするにはCSS、JavaScript、Flash、PHPなども扱えないと、クライアントの要望に応えるのは難しいでしょう。
最初はシンプルな文字と画像だけのウェブサイ卜でも、段々とクオリティの高いウェブサイトにリニューアルされていくものなのです。クライアントとの付き合いが長いほど小出しの案件が舞い込んできますし、新しい仕事も紹介してもらいやすくなります。
さらにウェブデザイナーという職業が成り立つように、1つのウエブサイ卜を完成させるにはIllustrator、Photoshopといった画像処理ソフトを使いとなせるデザインスキルも不可欠です。

色づかいや発想力のようなデザインセンスもないと映えるウェブサイトはできません。これらソフ卜を新たにインストールするとなると、10万円以上かかります。
また、仮にこうした準備があったとしても定期的な副収入に結びつくとは限りません。技術次第でいくらでも稼げるというわけではなく、仕事をもらうためには営業活動が必要になってきます。

本業では制作なら制作だけをしていればいいのですが、自分のお客様を持つとなると話が変わってきます。
個人がホームページ制作で副収入を得られるかどうかは、仕事を見つけられるかどうかにかかっているわけです。
また技術的な面でも、ホームページ全体を一人で制作するのは厳しいものがありますが、文章専門のウェブライター、イラスト専門のイラストレーター、Flash専門のFlashクリエイターのように何かに特化できるのであれば、それも副業として成り立ちます。

私も以前ホームページ制作の中でもバナーだけを専門にしたことがあるのですが、6ヶ月で10個以上の仕事を請け負いました。
また、制作業はホームページ制作だけではなく、ソフトウエアを開発するプログラマー、雑誌の紙面を作成するDTP オペレーター、CAD で設計図を作成するCAD オペレーターなどもあります。

サイトからのお知らせ

現在お知らせはありません

オススメ記事

ノーリスクで高額報酬に期待できます…続きは こちら

オススメサイト